4月22日はアースデイ!個人で継続できるアクションは?

環境問題
PERiPEN_
PERiPEN_

今日は地球のことを考える日、アースデイ!…でも今日だけエコなイベントに参加して、明日からはまたいつも通りの暮らし(˘ω˘)では地球に変化は起こせませんね💦

ぜひ、無理のないエコ…つまり「日常生活を送るだけで環境に配慮できる状態」を整えてみませんか?

日用品を変える

トップ画像でご紹介している鳥さんデザインのボトル。これはecostoreというホーム&ボディケアブランドのハンドソープ(限定デザイン)です。売り上げの一部が、ニュージーランドの森と鳥を守る団体に寄付されます。
まだ在庫があるようなので、ぜひご家庭に可愛いハンドソープをいかがでしょうか…!
商品リンク(広告やアフィリエイト・PRではなく、好意で勝手に紹介しています)

ecostoreの公式サイトでは、ボトル容器がサトウキビ由来で100%リサイクル可能であること、動物実験をしていないことなど、様々な「ecostoreを選ぶ理由」が公開されています。

PERiPEN_
PERiPEN_

量り売りを実施している店舗もいつか行ってみたいです!

ファッションを変える

こちらのカバンと財布の素材、サボテンから作られたヴィーガンレザーなんです!
TENERITASというブランドの商品で、カバンはクラウドファンディング限定のものでした。サボテンから作られたなんて言われても信じられないくらい普通に皮っぽいです!

価格はどちらもそれぞれ2万円弱でした。ブランドものを買うより安いですし、流行に左右されず長く使えます。(今使っているのは所謂ハイブランドの財布で、倍以上の値段で買いました…。これがクタクタになったら画像の白い財布に移行する予定です)

PERiPEN_は初めてサボテンレザーを知ったきっかけがTENERITASさんだったため細々とファンをやらせて頂いておりますが、ググってみると植物性レザー製品のメーカーは他にもあるみたいですね。質感は異なるみたいですがパイナップルレザーなんていうのもあるようです…!

また、衣類を染める工程で水を汚染してしまうことがファッション業界では問題視されており、特にデニムの製造工程などは環境に配慮してイノベーションが起こっていると小耳にはさんでいます(デニム全く着ないから詳しくないです)
一方で、梅が有名な和歌山では、梅の木の樹皮で染物をつくる文化があるそうです。その地域の自然原料で染められた服を着るのも素敵ですね!

食品・食生活を変える

カーボンフットプリント、ウォーターフットプリントなどを気にするのなら、行き着く先は地産地消ッ…!
PERiPEN_は数年前から外国産の食材をなるべく買わないように意識しています。アボカドは鳥にとって猛毒なので…という理由もありますが、意外とアボカドやキウイ、バナナ、オレンジを食べなくても人生困らないなと実感しています笑
自炊では産地を選べても、外食やコンビニ弁当となると原材料はほぼ外国産になってしまうので、コロナもあって外食自体を避けています。どうしても行くなら食材の産地からこだわっているお店を選びます。
珈琲も、割と好きなのですが極力買わないように(買うならフェアトレード認証品で)と心がけています。

農薬による土壌・環境汚染を防ぐためには無農薬や減農薬の食材もいいですよね。新潟県でトキを守るための農業が「世界農業遺産」に選ばれていて、ただでさえ大変な農業に「トキや自然保護のために」という視点を加えて取り組んでくださっている農家の方々には頭が上がらないです…。

また、以前は1日3食の中で必ず1食は肉と卵を食べていたのですが、昨年夏頃からは肉を食べるのは2~3日に1食程度になりました。1食あたり100gを超えないようにしています。いきなりヴィーガンの食生活に変えるのは難しくても、少し肉の量を減らすのは意外と簡単でしたし、自分の健康のためにも良いことです。(食の嗜好としては牛肉やラムなど赤身肉が大好きです…)
卵も平飼いのものに変えたので、高くて頻繁には食べられません。でもソイプロテインや大豆製品、魚介類でしっかりタンパク質を摂っていますよ!
肉以外の動物性食品の摂取が可能な食生活を送る人はペスコベジタリアンまたはペスカタリアンと呼ばれ、日本人には取り組みやすい食生活だと思います(‘ω’)ノ

そしてとてもおススメなのがオーツミルク。牛乳や豆乳と違い開封後も長持ちするので、一人暮らしのわたしには素晴らしい代替品です。お菓子作りにおいても、卵や小麦粉・バターを他の材料に置き換えるのは難しいですが、牛乳をオーツミルクに置き換えても味に変化はありません。
※プロのパティシエールとなればそうはいかないでしょうが、ホームベイキングの範囲内ですので…
グラノーラにかけて食べても、珈琲や紅茶に入れても、料理にちょい足ししても牛乳との違いは分かりません。むしろわたしは牛乳独特の香りが苦手であまり飲まない人間なので、オーツミルクの方が好きです。

先の段落でニュージーランドのメーカーだのサボテンだのを紹介しておいて地産地消を語るんじゃない!とお叱りを受けそうですが、限られた選択肢の中から少しでも良質なプロダクトを選び取るしかないんじゃ…わしは小さな民…などと思っています

エコとは少し違う観点ですが、人権を大切にし、新自由主義に抵抗するために「買い物は投票だ」の精神で消費活動をしています。当サイトではこちらこちらの記事でもその点に触れております

PERiPEN_
PERiPEN_

普段からエコを意識されている方には刺激のない記事だったかと思います。
本当はハチドリ電力さんを紹介したかったのですが、現在は新規契約を受け付けていらっしゃらないんですよね(´;ω;`)

また、わたし自身アレルギー体質のため、一部のエコ製品が肌に合わなくて継続できなかったこともあります。自分に合うエコ製品を見つけるべく、エコの求道は続く…!(?)